que sera sera

アクセスカウンタ

zoom RSS 天国への扉 第1・2話 あらすじ

<<   作成日時 : 2007/08/01 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

出演者
イ・ソンジェ   (役名:ソ・ユンジェ)
キム・ミンジュン(役名:ユ・ヒラン)
オム・テウン  (役名:カン・サノ)
キム・ヘスク  (役名キム・ポクチャ⇒サノの母)

あらすじ(テレ朝チャンネルより)
真の家族とは?
真の愛とは?

 幼い頃、両親に捨てられカナダの孤児院で育った弁護士のユン
ジェは偶然出会った韓国の人気歌手ヒランとカナダを旅することに
なり、最後に甘いキスを交わして別れる。 
貧しい家庭で育ったサノは暴力団から身を退き、成功を夢見てヒラ
ンのマネージャーとなる。本当の愛を感じたことがなかったサノだっ
たが、ヒランを愛するようになり真の意味での愛を知っていく。 ある
日、カナダに滞在しているユンジェの元へ、サノが訪ねてくる。
そしてサノはユンジェの実の弟だと告げる。その後ユンジェはサノと
ともに韓国に戻り、そこでユンジェとヒランは再会を果たす・・・。

孤児院出身の弁護士ユンジェ、韓国のトップシンガー ヒラン、芸能
事務所のマネージャー サノ、3人の愛が複雑に絡み合う様や、彼ら
を通して真の家族愛を問う。



大まか〜な1・2話の流れ(多少間違っているかも)
人物ごとに↓

ユンジェ
実の家族が見つかったという連絡があり韓国に行った
ものの人違い。カナダに帰ると弁護士の仲間が裏切り、自分の顧客
リストを持ってライバル事務所へ移ったため仕事もクビ。
韓国から電話でプロポーズした彼女には、通帳等一切合財持ち逃げ
され自暴自棄になって船から海へ飛び込もうと考える。
船の急停止による揺れで海を落ちるものの助かったユンジェ。
搬送先の病院で同じく海へ落ちたヒランと出会い、
彼女の自分勝手な言動に振り回され一緒に旅をすることになる。
彼女の言動に苛立ちながらも彼女の心の傷や思いやりに触れ
彼女に対する考え方も少し変わった頃二人の旅も終わりを告げる。
一緒に旅をしたことは二人だけの秘密にといいキスして別れる。
旅を終え、いつもの生活に戻ったとき、サノがたずねてくる。


ヒラン
人気歌手のため多忙で心身ともに疲れきっている。
言動もわがままで自分勝手な面がある。
カナダで船の上での写真撮影中海へ転落。
搬送先の病院で出合ったユンジェにガイドとして
湖へ連れて行くようにいい、共に旅することになる。
冴えないおじさん(30代中ごろ?)だと思ってか好き勝手な言動を
していたヒランは、宿泊先で再会した恋人へのユンジェの言動を見
てどんなに彼女を愛していたか、どんな人物なのかを知り態度を軟
化させる。
目的地の湖でヒランは、姉が事故で死に、母は男と逃げ、父は行方
不明になり心に深い傷を持っていることをユンジェに告白する。
ユンジェとの旅も終わり、韓国へ帰国する。


サノ
ヒランの所属事務所で働いている。
幼いころに養子にでた兄を探している。
ヒランのマネージャーになりたいが、
認知症の母を抱えていることや社長の思惑もあり
違う人がマネージャーになり落ち込む。
母がいなくなると必死になって探しまわったり、
自分を夫と勘違いし、眠れないからと歌をせがむ母に歌を歌ってあ
げたりと母思いな一面もあるのだけど、
仕事をガンガンやってのし上がっていきたいのに、
認知症の母がいるため思うように行かないため
断腸の思いで母を旅館に捨てることを決意する。
置き去りにしたものの結局母が心配になり、連れ戻すサノ。
母を施設にあずけることにするが、お金が足りないため
彼女(お金が必要なときだけ会う・・・)に借りる。
貧乏から抜け出すためなのか、
養子に出したことを悔やみつづける母のためなのか
兄という存在を欲しているのか
偶然兄を探してもらっている施設で出会ったユンジェに
自分の兄の変わりになってもらうべく、またまた彼女に旅費を用立て
てもらいカナダにいるユンジェの家へ尋ねていく。


長くなったので、感想は次回に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天国への扉 第1・2話 あらすじ que sera sera/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる